日本人の食卓の定番で、様々な料理にも使われるお豆腐を使った料理の数々をご紹介する豆腐専門ブログです。

冬場の暖かグルメ湯豆腐

こんばんは、こうちゃんです。

みんな大好き、豆腐を使った冬の味覚、

湯豆腐です。



湯豆腐(ゆどうふ)は、和食の一つであり、豆腐を使った鍋料理である。

材料は豆腐、水、昆布、つけダレのみである。鍋に昆布を敷き豆腐を入れ、温まったところを引き揚げてつけダレで食べる。

塩ひとつまみ、あるいは刻んだ大根をいれると豆腐が硬くならず、柔らかいまま食べられるといわれている。ただし、多く投入すると雑味となって湯豆腐ならではの淡味が失われる恐れもある。

また、醤油などで予め味付けした吸い物風のつゆで豆腐を温め、そこへ薬味を投じてそのつゆとともに食べる方法もあり、そちらは「煮奴」とも呼ばれる。さらに、家庭料理として豆腐と一緒にハクサイや鶏肉やしらたきや獣肉などを入れて煮る水炊きに近い調理法もある。

付けダレには、醤油、または醤油・酒・みりん・出汁等を合わせたもの、あるいはポン酢醤油などが用いられ、薬味としてネギ、ユズ、大根おろし(紅葉おろし)、削り節などがよく用いられる。変わり種として、卵黄・ニラ・トマトなどが用いられることもある。
(wikipedia参照)

かなり応用のきく料理で、これだけが正統、みたいなレシピもありませんので、
主に食材を、豆腐メインでお鍋にしたら湯豆腐になった、的なものになります。

あったかで滋味深い味わいの豆腐を楽しめ、
つけるつゆや薬味でも味を変えられ、豆腐好きが冬場などに楽しむのにたまらないお料理です。



こうちゃん

豆腐をシンプルに楽しめる冷奴(ひややっこ)

こんばんは、こうちゃんです。

豆腐の素性をシンプルに楽しむなら、
薬味や醤油をかけただけで豆腐を食べる冷奴がおいしいです。

冷奴(ひややっこ)は、豆腐を使った料理の一つ。奴豆腐(やっこどうふ)、略してやっこともいう。主に、酒の肴や夏向きの料理として食べられる。
冷やした豆腐(絹ごし豆腐、木綿豆腐の双方が使用される)の上に薬味を載せたり、調味料を使用して食べる日本の料理である。
豆腐は数センチメートル角か、あるいは近年は一人分の大きさの直方体に切る。
薬味や調味料は様々なものが使用され、薬味は刻みネギ、削り節、おろしショウガ、ミョウガ、青じそのみじん切り、ダイコンおろし他、調味料は濃口醤油、唐辛子味噌、その他のタレなどである。
また、オクラ、納豆などを載せて食べる事もある。 



豆腐がよい品であるほど、薬味や醤油、ないしタレなどでその良さが引き出され、
シンプルですがおいしく、ごはんのおかずには稀ですが、
お酒のおつまみなどには絶品ですね。



こうちゃん

おいしいおダシと絡む揚げ出し豆腐

こんばんは、こうちゃんです。

家庭料理としてもおいしいし、おつまみなどにもたまらない、
人気のお惣菜、揚げ出し豆腐のご紹介をします。



揚げ出し豆腐(あげだしどうふ)は、豆腐に衣をまとわせて揚げ、だし汁または、醤油で味を付けたつゆをかけた料理である。
揚げ出し豆腐は、片栗粉を豆腐にまぶして揚げたものと、小麦粉をまぶして揚げたものがある。これは、個人的な食の好みや家の伝統による違いである。片栗粉と小麦粉の衣の大きな差として、揚げたあとの油切れ、衣の食感、また片栗粉の場合、熱いだし汁をかけ少し時間を置くとつゆに適度なとろみが出る等違いがある。

豆腐自体は淡泊な味わいでも、揚げたことと、うまいことトロミがかったダシつゆがうまいこと絡み、
おいしいお惣菜になっています。

家庭でも作れますし、やや揚げる手間を考えますと、近年各コンビニなどでも購入できます。
食卓のプラス一品などにぜひどうぞ。



こうちゃん